スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







金利変動により為替相場が動く仕組み


金利はいうまでもなく為替相場に対して大きな影響をおよぼします。実際に市場にて金利は常に
比較されますので、金利が変動するたびに大きく動きます。



例えば、ある国の通貨の金利が高ければ投資家はその国の通貨を買って利益を得ようとします
ので、おなじように利益をもとめる人たちが購入しますので為替相場は動きます。



例えば日本の金利が0.5%、米国の金利が0.25%、豪州の金利が2%であれば多くのマネーが
豪ドルに群がる格好となり、円安・豪ドル高となり、また、ドル安・豪ドル高となります。



他の主要国通貨同士では表面金利で反応を示しますが、欧州通貨の場合は、一番高い金利の
通貨が常に買われるとは限りません。実質金利に反応します。



金利はその国の政策的な意味合いが強いので、インフレ率が高い国の通貨というは、これまで
高い金利水準にあるものが多いです。インフレは物の価値が上昇することをさします。



物の値段が2倍になるということは単純にお金の価値が二分の一になることを意味します。反対
にデフレが進むと物の価値が低下しますので、お金の価値が上がります。



今現在、デフレ化が進んでいるのでお金の価値が高まっています。景気悪化が続くようなことに
なれば、円はさらに買われることとなり、円高が進むことになります。







スポンサーサイト

テーマ : 外国為替取引
ジャンル : ファイナンス

tag : 外貨預金 外国為替取引 外貨投資入門 金利 為替相場

さらに詳しく調べる


 検索例  
外貨預金 銀行 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


タグ

  • seo
  • seo
ユーザータグ

外貨預金 外貨投資 外国為替取引 米ドル FX 外貨定期預金 オーストラリアドル 金利 為替レート 為替変動リスク 豪ドル 日銀短観 為替手数料 為替予約とは じぶん銀行 外貨投資入門 為替相場 満期 人民元 ユーロ 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。