スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







広告やメディアなどの煽りに注意する


これほどまでに急激に円高が進むのは年に数回程度しかありませんので確かに外貨預金を始める
には良いタイミングだと考えるのも無理はないかと思います。



そして、預金額を増やすのも良いかもしれません。実際に大きく円高が進むと金融機関の多くが
新規顧客獲得のためにキャンペーン価格を打ち出しますのでチャンスと思われるかもしれません。



もしかしたらメディアでも外貨投資や海外旅行のチャンスといった報じられ方が活発化するかも
しれませんが外貨預金を含めた外貨投資では絶対ということはありませんので注意が必要です。



何に注意しなければならないかといえば、80円台を割り込む水準にまで円安が進む可能性もある
からです。円高につられる格好で日経平均株価が9000円台を割り込む水準にまで下落している
わけですから今後短期間の間にさらに円高が進むことも十分ありえます。



人気が高いFXを取引する場合であれば、為替手数料が微々たるものなので為替の変動に合わせて
売ったり買ったりしながら調整すれば良いでしょう。また、外貨を売りからも取引できます。



しかし、外貨預金の場合は為替手数料が米ドルでも往復50銭から2円かかりますので、何もしなく
ても外貨を買うだけで1ドルあたり50銭から2円損するわけです。また、外貨預金は売りから取引
することが出来ませんので、円高が進むと利益を出しにくいというデメリットもあります。



ですので、今後一気に動く可能性が高いわけですから、もし今後外貨預金を行うのであれば運用
資金を一辺に投入するようなことだだけは絶対に避けなければなりません。



大きく動く場面では周囲の勢いに押されるように焦ってしまいがちですが、外貨預金は長期での
運用こそ力を発揮しますのであせらずに市場動向を伺いながら運用することを心がけるべきです。







スポンサーサイト

テーマ : 外国為替取引
ジャンル : ファイナンス

tag : 外貨預金 FX

さらに詳しく調べる


 検索例  
外貨預金 銀行 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


タグ

  • seo
  • seo
ユーザータグ

外貨預金 外貨投資 外国為替取引 米ドル FX 外貨定期預金 オーストラリアドル 金利 為替レート 為替変動リスク 豪ドル 日銀短観 為替手数料 為替予約とは じぶん銀行 外貨投資入門 為替相場 満期 人民元 ユーロ 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。