スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







円高か円安かを予想して取引する方法


外貨預金は為替レートの変動によって為替差益がでる場面もあれば、為替差損がでる場面も
当然のことながらあります。ですので、為替レートを予想できれば良いわけです。



といっても、為替を予想するのは、その道のプロといわれるディーラーの方でも難しいとされて
いますので、一般の個人投資家が為替レートを予想するのは簡単なことではありません。



しかし、将来的に円高、円安のどちらに動くか?と、いった程度であれば、一般の個人投資家
でも予想可能です。今回は円高・円安要因の一つであるレパトリについて解説させて頂きます。



日本では、よく年度末という言葉が日常的に使われます。年度末の決算ということで、毎年3月
には破格値で在庫一掃セールが行なわれています。



日本だけでなく、世界中で年度末は為替が大きく変動します。それそレパトリといいます。レパ
トリはレパトリエーションの略称です。本来の意味は本国送還です。



つまり、海外で運用されていたお金を年度末に合わせて利益確定するために本国へ送還させ
ることをさします。沢山の企業が年度末に合わせて海外で得た利益を決算に計上するために
円に戻します。また、海外で運用している海外資産を引き上げて計上する場合もあります。



日本の企業が年度末に合わせて海外資産を売却して円に戻すと必然的に円高が進みます。
一方、アメリカは12月が年度末なのですが、ドルに戻すため、ドル高・円安となります。







テーマ : 外国為替取引
ジャンル : ファイナンス

tag : 外貨預金 資産運用 外国為替取引 外貨投資 米ドル

コメントの投稿

Secre

さらに詳しく調べる


 検索例  
外貨預金 銀行 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


タグ

  • seo
  • seo
ユーザータグ

外貨預金 外貨投資 外国為替取引 米ドル FX 外貨定期預金 オーストラリアドル 金利 為替レート 為替変動リスク 豪ドル 日銀短観 為替手数料 為替予約とは じぶん銀行 外貨投資入門 為替相場 満期 人民元 ユーロ 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。