スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







外貨預金を控えるべき理由について


ついに1ドル=82円をつけました。急速に円高が進んだことから外貨預金やFXの口座開設の広告
を頻繁に見受けます。しかし、外貨預金の場合は注意しなければなりません。



1995年につけた1ドル=79円台を割るのは時間の問題とされています。そのあたりで推移する
のであればよいのですが、今後その水準を大きく割り込んで円高が進む可能性があります。



先日、棒報道番組で1ドル=50円台の可能性が言及されていました。国家破綻や金融市場の崩壊
をうたったパニック本では通説とされていましたが、テレビや新聞ではあまり語られませんでした。



いわく、今現在の状況は円高ではなく急速にドル安が進んでいると認識すべきであって、そうし
た背景には欧米間で通貨の切り下げによる輸出競争があげられています。



通貨安が進めば必然的に輸出で有利になるわけですから、自国経済に有利に働くわけです。こう
なると自力で為替介入を行っても効果は全く期待できません。



このため今がチャンスと思って米ドルやユーロで外貨預金をはじめても、一年後に1ドル=50円台
に突入してしまったら大きな損失を蒙ることになってしまいます。



ですので、あせって飛び乗ってしまうと大怪我することになりますし、近い将来リーマンショック
以上に大きな金融不安の波が押し寄せるとの予想が広がっている状況下では外貨預金のような
中長期での運用が基本とされている金融商品への投資は得策とはいえません。



FXであれば円高が急速に進んだとしても外貨を売りからも取引することができるのでよいのですが、
外貨預金の場合は外貨を売って利益をあげることができませんので十分注意が必要です。







テーマ : 外国為替取引
ジャンル : ファイナンス

tag : 外貨預金 外貨投資

さらに詳しく調べる


 検索例  
外貨預金 銀行 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


タグ

  • seo
  • seo
ユーザータグ

外貨預金 外貨投資 外国為替取引 米ドル FX 外貨定期預金 オーストラリアドル 金利 為替レート 為替変動リスク 豪ドル 日銀短観 為替手数料 為替予約とは じぶん銀行 外貨投資入門 為替相場 満期 人民元 ユーロ 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。