スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







為替相場を動かす大きな要因について


金融安定化策が発表されるも、実現性が問われ、依然として金融
不安が市場全体を覆いつくしています。



そんな中、今回は外貨預金において最も大切なことの一つにあげ
られている為替レートを動かす仕組みについて解説します。



一日に日本円で役100兆円以上の取引が行われている為替市場
では、実際に物やサービスの取引きで外国通貨の交換が必要な
「実需」はその内のたった20%なのだそうです。



それでは、肝心要の残りの80%は一体どうなっているのかといい
ますと、投資であり投機であるわけです。



他の多くの投機及び投資市場においても同じように、『売りたい人』
と「買いたい人」の需給関係によって市場がつくられます。



需給が動く要因としては「あの通貨は金利が高いので投資したい」
「この国の景気はドンドン悪くなっていので、「通貨を売ってしまい
たい」など、様々な思惑があって、相場が彩られていくわけです。



また最近では、イラク戦争のような国際的な紛争や、テロといった
地政学的なリスクから買われる通貨、売られる通貨がでてきます。



また各国の中央銀行が、為替市場に強引に介入したり、中央銀行
総裁などの要人の発言でも相場は過敏に反応します。



そして、最後に外貨投資に関する注意点として、例えば、アメリカと
日本の関係で、ドル・円レートが決まって来ます。



しかし、それが必ずしも他の通貨ペア、ユーロ・ドル、オーストラリア
ドル・円の関係と同じではないことです。為替レートは、あくまで2国
間の通貨の力関係によって形成されるのです。







テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

さらに詳しく調べる


 検索例  
外貨預金 銀行 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


タグ

  • seo
  • seo
ユーザータグ

外貨預金 外貨投資 外国為替取引 米ドル FX 外貨定期預金 オーストラリアドル 金利 為替レート 為替変動リスク 豪ドル 日銀短観 為替手数料 為替予約とは じぶん銀行 外貨投資入門 為替相場 満期 人民元 ユーロ 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。