スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







外貨預金の為替レートの仕組について



円をドルに替えたり、ドルを円に替えたりすることは、円でどるを買ったり、ドルで円を買ったりして
いることになります。その売買をするときには、その時点での為替レートが適用されます。



注意したいのは、新聞などでみる為替レートと、円を外貨に替えるとき、および外貨を円に替える
ときの為替レートは違うことです。外貨預金の為替レートには、3つの種類がございます。



まず最初がTTSです。外貨預金を始めるには、まず円を外貨に替える必要がございます。その時
にTTSという為替レートが適用されます。TTS:テレグラフィック・トランスファーズ・セリング・レート
の頭文字というのは、対顧客電信売相場のことです。



2番目のTTB:テレグラフィック・トランスファーズ・バイング・レートは対顧客電信買相場のことです。
そして3つ目が、毎日「今日の円相場」としてテレビや新聞で報道されている為替レートです。



これは仲値とよばれるレートで、銀行間で取引する場合に適用されます。注意点として、仲値と、
TTSやTTBが違うことです。個人の外貨預金や海外送金に適用されるTTS、TTBは、仲値に、
取扱う銀行の手数料を加えたものなのです。



TTSやTTBの差は通貨によって、また銀行によっても若干異なりますが、一般的に円を外貨に
替えるときのTTSは、米ドルの場合:仲値プラス1円となります。そして、外貨を円に替えるとき
のTTBは:仲値マイナス1円となります。







テーマ : 外国為替取引
ジャンル : ファイナンス

tag : 外貨預金 為替レート

さらに詳しく調べる


 検索例  
外貨預金 銀行 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


タグ

  • seo
  • seo
ユーザータグ

外貨預金 外貨投資 外国為替取引 米ドル FX 外貨定期預金 オーストラリアドル 金利 為替レート 為替変動リスク 豪ドル 日銀短観 為替手数料 為替予約とは じぶん銀行 外貨投資入門 為替相場 満期 人民元 ユーロ 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。