スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







分散投資の重要性と方法について


昨年の今頃までは円安が問題となっていましたが、この円安は、
円が安くなることで、円の価値が下がることを意味します。



一方で、今問題となっている円高は反対に、円が高くなることで、
円の価値が上がることを意味します。



国内で普通に生活している分には円安になろうが円高になろうが
関係ないように思われるかもしれませんが、日本のような貿易国
にとっては非常に重要なことです。



衣食住を通じて多くの物資を輸入に頼る日本では、円が下落し、
輸入価格が上昇すれば、それに伴って物価は上昇します。



国内の預金金利が昨年7月に実施された量的緩和政策によって、
金利が上昇し始めてはいますが、世界からみれば未だに非常に
低い状態にあることは変りありません。


そこで、必要とされるのが、国際分散投資です。


仮に円安が進んだ場合でも、相対的に円資産の価値が目減りし
ても資産の一部をドルをはじめ海外通貨で運用していれば、かな
りの部分をカバーすることが可能となります。



こうした、国際分散投資を国内にいながら手軽に行う方法として、
外貨預金、投資信託、FX、外国投信などがございます。


【トレイダーズ証券】 FXでセルフ外貨預金をはじめる!



※外貨預金は自己責任でお願いします。
 
サイト内の記事の誤字脱字、内容の間違いを含め、
一切の責任を負いませんので予めご了承下さい。

外貨預金が分かる資産運用入門トップへ







テーマ : 外国為替取引
ジャンル : ファイナンス

tag : 円安 円高 輸入

さらに詳しく調べる


 検索例  
外貨預金 銀行 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


タグ

  • seo
  • seo
ユーザータグ

外貨預金 外貨投資 外国為替取引 米ドル FX 外貨定期預金 オーストラリアドル 金利 為替レート 為替変動リスク 豪ドル 日銀短観 為替手数料 為替予約とは じぶん銀行 外貨投資入門 為替相場 満期 人民元 ユーロ 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。