スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







クレジット市場動向、野村の決算好感



【外貨預金が分かる資産運用入門】



本日の一般債市場におきまして、みずほコーポレート銀行の国内普通
社債(SB)に売り物がでたようです。


スプレッドの気配は、残存期間5年で13bpと横ばいとなりました。


また、マーケットでは発行残高の多い銀行セクターをポートフォリオ
からはずす動きが高まると判断されているようです。



そして、クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)市場におきまして、野村
ホールディングスが小幅上昇しております。



先日、同社は米国のサブプライムローンでの損失が726億円に達したこと
発表したことで明らかになりました。



にもかかわらず、4―6月期連結純利益(米国会計基準)は前年比3.8%増と
なったことから、上昇圧力を抑える結果となりました。


一方、プレミアムは20bp前後が取引の中心だったもようです。


今後、しばらくは、金利上昇を見込んで社債を発行し、残高が増えつづ
けている銀行セクターをはずす動きは続きそうです。




応援クリック何卒宜しくお願いします。

FC2 Blog ランキングへ

人気blogランキングへ




※投資は自己判断・自己責任でお願いいたします。
 
サイト内の記事の誤字脱字、内容の間違いを含め、利用者さまが、
いかなる損害を受けた場合も、当方では一切の責任を負いません
ので予めご了承下さい。

外貨預金が分かる資産運用入門トップへ







さらに詳しく調べる


 検索例  
外貨預金 銀行 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


タグ

  • seo
  • seo
ユーザータグ

外貨預金 外貨投資 外国為替取引 米ドル FX 外貨定期預金 オーストラリアドル 金利 為替レート 為替変動リスク 豪ドル 日銀短観 為替手数料 為替予約とは じぶん銀行 外貨投資入門 為替相場 満期 人民元 ユーロ 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。