スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







外貨預金の長期で運用するメリットとは




外貨預金は高い利回りが魅力なので、FXのように為替差益を狙って売買を繰り返すような投資スタイル
には全くといっていいほど合いません。なぜなら為替手数料が非常に割高だからです。

「外貨預金しようかな」と思ったら読む本



ですので、しっかりと利益を確保するためできるだけ、長期的展望に立った運用が好まれます。


もちろん、預け入れた1年後に円安傾向にある保証はありません。


しかし、円高、円安といった波も10年続くわけではありません。例えば、米ドルが、1ドル100円で、
10年間ひたすら円安傾向が続いたからといって1ドル10円になることはありえないわけです。


ですので、1年、2年、といった長いスパンで保有しながら、気長に構えていれば、おのずとチャンス
は訪れます。実際に、外貨預金の強みは長期で預け入れることです。

これならわかる外貨投資のはじめ方



そうすることによって、利息を繰り返し受けとることができます。


また、こうしたことから為替手数料を差し引いても利益はでやすくなります。


ですので、もし、外貨預金を本格的に行なうのであれば最低でも1年、可能であれば3年くらい余裕が
あればよいかと思います。ただし、為替が大きく暴落した場面では精神的につらいです。


為替の動きが気になり仕事も手につかなくなってしまっては意味がありません。ですので、1~2年の
比較的短いスパンで大きく円高が進み、円安局面に転換したところで始められると良いでしょう。

これを知らずに外貨投資・FXをやってはいけない








テーマ : 外国為替取引
ジャンル : ファイナンス

tag : 外貨商品 外貨預金

さらに詳しく調べる


 検索例  
外貨預金 銀行 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


タグ

  • seo
  • seo
ユーザータグ

外貨預金 外貨投資 外国為替取引 米ドル FX 外貨定期預金 オーストラリアドル 金利 為替レート 為替変動リスク 豪ドル 日銀短観 為替手数料 為替予約とは じぶん銀行 外貨投資入門 為替相場 満期 人民元 ユーロ 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。