スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







外国為替市場とは?



【外貨預金が分かる資産運用入門】


今回は、外国為替市場について簡単にご説明させていただきます。


外国為替市場と聞くと、市場とつくほどですから、株式市場の証券
取引所のような活気ある市場をイメージされるかと思います。


しかし、現実にはそんなことはありません。


パソコンと電話だけのほぼ無人に近い状態にあります。


外国為替市場は、インターバンク市場ともよばれ、銀行間で為替取引
を行なう市場のことです。


本来であれば、インターバンク市場は、顧客取引によって生まれる
為替持高に対して反対売買を行ないます。


そうすることにより、為替持高を調整する場として使われました。


為替持高といっても、いちいち顧客取引一件づつに反対取引をする
わけではありません。


貿易業務に携わるかたはお分かりかと思いますが、為替ディーラー
は輸入決済額と輸出手形取額の差額のみを行ないます。


そして、営業時間終了時には売りと買いの為替持高を均衡にして







さらに詳しく調べる


 検索例  
外貨預金 銀行 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


タグ

  • seo
  • seo
ユーザータグ

外貨預金 外貨投資 外国為替取引 米ドル FX 外貨定期預金 オーストラリアドル 金利 為替レート 為替変動リスク 豪ドル 日銀短観 為替手数料 為替予約とは じぶん銀行 外貨投資入門 為替相場 満期 人民元 ユーロ 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。