スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







外国為替市場で行われる取引の仕組


実際に、外国為替市場にはインターバンク市場(銀行間市場とも
いいます)と、対顧客市場の2つに別れて取引が行われてます。



インターバンク市場では銀行と銀行の間で取引を行うのに対し、
対顧客市場は、銀行が顧客に対して、取引を行う事をさします。



海外旅行に行く前いに銀行窓口で両替をする場合にも、対顧客
市場で取引をしていることになります。



また通常は、外国為替市場という場合にはインターバンク市場の
ことをいいます。そして、対顧客市場のレートは、インターバンク
市場のレートを基に決められます。



そして、外国為替市場で、中心になって実際の取引を行っている
のは、為替ディーラーと呼ばれる人々です。



為替ディーラー、フォレックスディーラー、FXディーラーなどとも、
外国為替市場内で呼ばれています。国と国の異なる通貨の交換
によって、利益を得るのが彼らの仕事です。



よく映画のワンシーンで世界情勢や経済ニュース、世界中の為替
レートなどが表示されたモニターが所狭しと立ちち並んでいるディ
ーリングルームで通信端末などを通じて取引を行います。



そして、外国為替市場内の為替ディーラーのほとんどは、銀行を
中心とする金融機関の社員です。



外国為替市場には、現在、約300社の銀行が市場に参加している
のですが、依然としてそれほど多くはありません。



海外との取引の多い大手商社や生命保険会社、損害保険会社が
参加する事もあります。そして、その他にもブローカー数社や通貨
当局(日本銀行)が市場に参加しています。



日本には従来、取引の一方には必ず外国為替後任銀行でないと
一切取引することが出来ませんでした。


これはいわゆる「為銀主義」呼ばれる規則があったためです。


しかし、1998年に外為法改正によってこの規則が撤廃しました。


現在では銀行以外でも自由に取引が出来るようになりました。


以前は、外国為替といえば、ほとんどが輸出入を決済する為の
外貨の調達を目的としていたのです。


今現在では資産管理(アセットマネジメント)のための取引が急激
に増えており、ただ単に決済の手段ではありません。



通貨そのものを資産運用の対象とする動きが加速することにより、
市場規模も拡大を続けています。


【トレイダーズ証券】 FXでセルフ外貨預金をはじめる!



※外貨預金は自己責任でお願いします。
 
サイト内の記事の誤字脱字、内容の間違いを含め、
一切の責任を負いませんので予めご了承下さい。

外貨預金が分かる資産運用入門トップへ







テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 外国為替市場 インターバンク 海外旅行

さらに詳しく調べる


 検索例  
外貨預金 銀行 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


タグ

  • seo
  • seo
ユーザータグ

外貨預金 外貨投資 外国為替取引 米ドル FX 外貨定期預金 オーストラリアドル 金利 為替レート 為替変動リスク 豪ドル 日銀短観 為替手数料 為替予約とは じぶん銀行 外貨投資入門 為替相場 満期 人民元 ユーロ 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。