スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







外貨預金で為替差益を狙うのは危険


米国のクレジット市場の崩壊したことによって、世界中の金融市場が
信用不安から大きく揺さぶられております。



米国のシティ・グループやGMなどの世界的企業がが公的資金を受
けないともはや存続することが出来ない状態にあります。



こうした状況下では、1~2年程度で状況が改善される可能性は低い
と思いますので、来年にオバマ大統領が就任しますが、もしかしたら
就任早々、指導力を問われることになるかもしれません。



昨年の後半にはドル円は1ドル=110円台にあったにもかかわらず、
今では90円台を割る寸前にまで下落しています。



一方、日本でも東京市場はバブル以降最安値を更新し、日銀が追加
利下げを実施するなど、全体的に苦しい立場に追い込まれています。



そんな中で、日本の基幹産業の代表ともいえる自動車業界が米国の
状況に追随するかのように苦しんでいます。



数千人規模のリストラが断行されることとなっています。事業規模を
大きく圧縮することを余儀なくされるので来年以降より厳しい状況に
追い込まれるのは間違いありません。



円高で、外貨預金を始めるのであれば絶好の機会と捉えることもでき
るわけですが、今後さらに円高が進む可能性もあります。



下値を探っているような状況にあるので、元本割れしてしまうと、短期
間では回復する可能性が非常に低いです。



ですので、今後、外貨預金を始められるのであれば、為替差益には
色目を使わず、純粋に高利回りを狙って行なうべきだと思います。







テーマ : 外国為替取引
ジャンル : ファイナンス

tag : シティ・グループ

さらに詳しく調べる


 検索例  
外貨預金 銀行 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


タグ

  • seo
  • seo
ユーザータグ

外貨預金 外貨投資 外国為替取引 米ドル FX 外貨定期預金 オーストラリアドル 金利 為替レート 為替変動リスク 豪ドル 日銀短観 為替手数料 為替予約とは じぶん銀行 外貨投資入門 為替相場 満期 人民元 ユーロ 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。