スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







信用伸縮による景気後退



外貨預金が分かる資産運用入門】


サブプライムローン問題による金融機関の損失拡大により、今後は
銀行の融資が縮小される可能性がでてきております。



サブプライムローンに似た金融商品で損失を出した銀行が自己資本
比率を維持する必要があるからです。



数年前に、日本の銀行が貸し渋りをおこなったように、融資を圧縮
する行動に出る危険性が台頭しております。


もし実施されれば景気にも大きな影響を及ぼします。



ロイターの記事では、ゴールドマンサックスは、住宅ローン残高の
うち4000億ドルが損失となっており、銀行がこの損失によって自己
資本比率維持のために融資を抑制することとなりそうです。



仮にそうなったばあ、今後2兆ドルの融資を縮小する可能性があると
指摘していることから、深刻さが伺えます。



2兆ドルは、とてつもなく大きな金額ですので、信用収縮が進むこと
により景気に大きな影響を与えます。


FRBは、すでに472億ドルの資金供給オペを実施しております。


このため資金不足状態は継続されることとなります。


また、仮にこうした状況が長期化した場合、信用収縮によって世界的
な景気後退は、十分考えられます。



日本でも、みずほの、中間決算で明らかになったように、かなりサブ
プライムローン類似商品に投資していますので、今後これらの損失
がどこまで拡大するか警戒されています。



そうなると、日本でも銀行が融資の縮小に走り、自己資本比率を維持
しなければならないためデフレ不況に逆戻りとなります。


来年の早い段階で、具体的な解決策が見出されることを願います。




応援クリック何卒宜しくお願いします。

FC2 Blog ランキングへ

人気blogランキングへ




※外貨預金は自己責任でお願いします。
 
サイト内の記事の誤字脱字、内容の間違いを含め、
一切の責任を負いませんので予めご了承下さい。

外貨預金が分かる資産運用入門トップへ







テーマ : ファイナンス一般
ジャンル : ファイナンス

tag : みずほ 中間決算

コメントの投稿

Secre

さらに詳しく調べる


 検索例  
外貨預金 銀行 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


タグ

  • seo
  • seo
ユーザータグ

外貨預金 外貨投資 外国為替取引 米ドル FX 外貨定期預金 オーストラリアドル 金利 為替レート 為替変動リスク 豪ドル 日銀短観 為替手数料 為替予約とは じぶん銀行 外貨投資入門 為替相場 満期 人民元 ユーロ 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。