スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







外貨預金とFXどちらが得かについて


FXと外貨預金を比較した場合、まず、取引手数料が圧倒的にFXの方が格安に設定されてます。 取引
される取引業者にもよりますが、FXの場合取引手数料 が0銭~10銭の間で設定されております。


一方の外貨預金の場合は取引する通貨および銀行にもよりますが、1円~8円程度となっております。
そして、取引できる時間についてですが、FXの場合は基本的には24時間取引可能となっております。
しかし、外貨預金は銀行 の営業時間内に限定されております。


為替変動リスクに対してですが、FXであれば、売り、買いの両方の取引が可能となっていることから、
仮に通貨の値段が上昇した場合でも、逆に下落した場合でも対応可能です。


また、外貨預金の場合は、その商品としての特性上、外国通貨の値段が上昇する事でしか利益を得る
ことができません。 一方、取引レートについてですが、FXの場合であれば常に変動していることから
タイミングを測ることができるのですが、外貨預 金の場合は、1日1回となっているため、難しいです。


そして、取引期限についてですが、FXはロールオーバーにより決済期限はないのですが、外貨預金の
場合は、普通預金は満期がありませんが定期預金では満期があります。


最後にリスクについてですが、FXの場合は円高・円安による為替変動リスクがあります。 外貨預金も
同様にありますが、外貨預金には、預金保護対象外であるため、銀行の倒産リスクもあります。







テーマ : ファイナンス
ジャンル : ファイナンス

tag : FX 外貨預金

コメントの投稿

Secre

さらに詳しく調べる


 検索例  
外貨預金 銀行 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


タグ

  • seo
  • seo
ユーザータグ

外貨預金 外貨投資 外国為替取引 米ドル FX 外貨定期預金 オーストラリアドル 金利 為替レート 為替変動リスク 豪ドル 日銀短観 為替手数料 為替予約とは じぶん銀行 外貨投資入門 為替相場 満期 人民元 ユーロ 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。