スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







FOMCとは?



外貨預金が分かる資産運用入門】


サブプライムローン問題により、米国の実体経済の混乱から
世界中の金融市場が混乱しております。



このため、米国の政策金利の引き下げに関する話題が連日
のように取り上げられております。



ですので、今回は、米国の政策金利を決定するFOMCについ
て、簡単に解説させていただきたいと思います。



FOMCとは、Federal Open Market Committeeの略称で、
日本語に訳しますと連邦公開市場委員会といいます。



また、米国日銀に相当する制度が、連邦準備制度といい、
こうした制度において、様々な案件に対して決定を行う機関
がFRB(連邦準備制度理事会:Federal Reserve Board)です。



FRBの構成メンバーは7人の理事と5人の地区連銀総裁の
合計12人で構成されており、そしてFOMCを形成します。


FOMCは、米国金融政策における最高意思決定機関です。



通常FOMCは年に8回定期会合を開くのですが、それ以外にも、
必要に応じて特別会合といった形で、短期市場金利をコントロー
ルするために会合を開いております。



FRBが公開市場操作を通じて米国国債などを購入し、自国通貨
を金融市場に供給することで、市場金利は低下します。



また反対に、FRBが公開市場操作で米国国債などを売却すること
で、金融市場から通貨を吸収すると、市場金利は上昇します。



中央銀行が民間銀行に貸し出す際の金利をディスカウント・レート
(公定歩合、Discount Rate)と、いいます。


最近の米国は、金利の自由化が進んだことによる影響から、FRB
が決める公定歩合より、FOMCが決める短期市場金利の誘導目標
が重視され、FOMCの公開市場操作が金融政策の手段となってます。
 
 
 
来週いよいよ、今年最後のFOMCが開催されます。




応援クリック何卒宜しくお願いします。

FC2 Blog ランキングへ

人気blogランキングへ




※外貨預金は自己責任でお願いします。
 
サイト内の記事の誤字脱字、内容の間違いを含め、
一切の責任を負いませんので予めご了承下さい。

外貨預金が分かる資産運用入門トップへ







テーマ : 外国為替取引
ジャンル : ファイナンス

tag : 米国 日銀

コメントの投稿

Secre

さらに詳しく調べる


 検索例  
外貨預金 銀行 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


タグ

  • seo
  • seo
ユーザータグ

外貨預金 外貨投資 外国為替取引 米ドル FX 外貨定期預金 オーストラリアドル 金利 為替レート 為替変動リスク 豪ドル 日銀短観 為替手数料 為替予約とは じぶん銀行 外貨投資入門 為替相場 満期 人民元 ユーロ 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。