スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







円キャリートレード再開されつつある




今週に入り、月末に開催されるFOMCにて0.50%の大幅利下げ
に対する思惑と、本格化した米金融機関の決算発表によって信
用収縮問題がドルの上値を抑えられております。



事実、昨年11月に米金融大手のシティとメリルリンチは中東系
やアジア系の政府系ファンドから増資を受けております。



にも関わらず、第4四半期決算の発表時に、追加増資を受ける
決断をすでに下したことが明らかになりました。



もっとも、シティに関しては、2兆円という途方もない大幅赤字
を計上してしまったので無理もありません。



金融機関は、一定の自己資本比率をキープしなければならない
ので、今後も、サブプライム関連の損失が拡大することが予想
されているので、こうした動きは継続すると思います。



増資を受けたら、相手先への配当を用意しなければならないの
で、文字通り自転車操業が繰り広げられることになります。



また、株安もしばらく継続する可能性が高いのでリスク資金回避
の円買い戻しにつながることになりそうです。



しかし、ここにきて日本経済の減速懸念が露呈されている円も、
すでにユーロやオセアニア通貨などで円キャリートレードが再開
されつつあり今後売り圧力が高まることになるかもしれません。



今週は、17日の住宅関連の指標、18日の景気先行指数・ミシガン
大消費者信頼感指数といった経済指標の発表が控えています。


外貨預金は余程の長期でない限り、しばらくは見送るべきです。




応援クリック何卒宜しくお願いします。

FC2 Blog ランキングへ

人気blogランキングへ




※外貨預金は自己責任でお願いします。
 
サイト内の記事の誤字脱字、内容の間違いを含め、
一切の責任を負いませんので予めご了承下さい。

外貨預金が分かる資産運用入門トップへ







テーマ : ファイナンス
ジャンル : ファイナンス

tag : 決算発表 オセアニア通貨 円キャリートレード

コメントの投稿

Secre

さらに詳しく調べる


 検索例  
外貨預金 銀行 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


タグ

  • seo
  • seo
ユーザータグ

外貨預金 外貨投資 外国為替取引 米ドル FX 外貨定期預金 オーストラリアドル 金利 為替レート 為替変動リスク 豪ドル 日銀短観 為替手数料 為替予約とは じぶん銀行 外貨投資入門 為替相場 満期 人民元 ユーロ 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。