スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







円高が進むところを狙って投資する?


不況時には為替変動も著しく激しくなります。極端に円高が進んだかと思えば一転して
円安が進むこともしばしば起こります。為替を著しく変動させる要因の一つに貿易が
あげられます。なので中長期で為替変動の動きを読むことは容易ではありません。



特に昨今はグローバル経済の影響によって世界各国の経済が連動して動きます。
80年代後半の日本のように一人勝ちするような状況は難しいです。



中国は依然として高い経済成長を誇っていると入っても、主要貿易国であるアメリカ
や日本経済が大きく低迷しているわけですから、影響を免れることはできません。



ですので、中長期で為替レートを予想するのは難しくても、短期的な変動をある程度
予測することができれば、外貨預金でも為替差益を狙うことができます。



今後は、2007年~2008年にサブプライムローン関連の焦げ付き問題が浮上した
ことにより、米国政府やFRBが行ったような大胆な政策が打ち出せない状況にあり
ます。理由としては十分なお金がすでにないからです。



ですので、今後もしばらくの間、世界中の金融市場が信用不安から不安定な状態が続く
ことになりそうです。これから3年以上は問題解決までかかるかもしれません。



狙い目は極端に円高が進んだときです。緊急の金融政策が発表されるとドルが売られ
ます。また、雇用統計、住宅販売、貿易収支に関する指標も重要です。


発表された内容が極端に進むとドル売りが加速しますので、円高が進みます。


基本的に米国経済が世界経済を牽引しているわけですから、為替レートにも大きな影響
を及ぼすだけにやぶさかではありません。








テーマ : ファイナンス
ジャンル : ファイナンス

tag : 外貨預金

さらに詳しく調べる


 検索例  
外貨預金 銀行 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


タグ

  • seo
  • seo
ユーザータグ

外貨預金 外貨投資 外国為替取引 米ドル FX 外貨定期預金 オーストラリアドル 金利 為替レート 為替変動リスク 豪ドル 日銀短観 為替手数料 為替予約とは じぶん銀行 外貨投資入門 為替相場 満期 人民元 ユーロ 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。