スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







外貨準備高の仕組みと特徴について


外貨準備高とは簡単に一言で言うと、国が保有している外貨や金の
合計金額で、輸入代金や借入金返済などの外国への支払いのため
にどれ程の資産・資金を保有しているかをさします。



かつての日本は外貨準備高が日本一だったことがあります。ようす
るに外貨準備高が多い状態というのは経済が強い状態にあります。



今現在、日本を抜いて世界一の外貨準備高をほこるのが北京五輪を
無事終えた中国です。中国はここ数年で、戦後焼け野原から奇跡的
な経済成長を遂げた日本に匹敵する経済成長を遂げています。



また、中国の金融当局は日本がバブル経済以後大きく低迷すること
となった要因を徹底的に研究し、同様の問題が中国で発生した場合
には適切に対応できるように既に準備が整っているようです。



そして、中国経済が低迷した状況に一時的に陥った場合でも財政を
安定させるために、外貨準備高の一部をあてて政府系ファンド(ソブ
リンファンド)として世界中に投資しています。



これまで、サブプライム問題で大きな損失を被ることになった欧米の
金融機関に対して大きく投資しています。



こうした点が、日本に足りなかった点だと思います。税収だけに頼って
いては、経済基盤が縮小傾向にある状態では厳しいです。



また、最近では為替市場に介入する際に、介入余力がどのくらいある
かを計る為の指標として使われている感もあります。







テーマ : 外国為替取引
ジャンル : ファイナンス

さらに詳しく調べる


 検索例  
外貨預金 銀行 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


タグ

  • seo
  • seo
ユーザータグ

外貨預金 外貨投資 外国為替取引 米ドル FX 外貨定期預金 オーストラリアドル 金利 為替レート 為替変動リスク 豪ドル 日銀短観 為替手数料 為替予約とは じぶん銀行 外貨投資入門 為替相場 満期 人民元 ユーロ 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。