スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







不況時に外貨預金で運用する方法


いうまでもなく外貨預金のような外貨商品で資産運用を行うのであれば主要国の金融
政策を無視することはできません。金利が変動する場面では為替レートの変動が著
しく変化しますので、常に注視しなければなりません。



実際に政策金利が変動する場面では、外国為替市場だけではなく、金融市場、貿易
などに与える影響が大きいので不況時には注意する必要があります。



世界的に景気が良い状態にあるときは金利が上がりますので、外国為替市場にて
取引されている様々な通貨が買われることになります。



とくに、決済通貨である米ドルユーロは当然のことながら取引量が高まりますが、
一転して不景気になると状況は一転します。



米国経済が悪化すれば必然的にドルは売られドル安株安のような状況が続きます。
また、難しいのはこの後です。一方的に売られ続けると当然のことながら円高が進む
のですが、売り続けることで手元にドルが不足し始めます。



そうなると、ドルで決済しなければならない立場にある企業や機関は米国経済が悪
かろうが良かろうが米ドルを買い戻さなければならないのです。



こういう状態に入りますと、一気に為替市場は動きますので、外貨預金でも大きな
為替差益を狙うことができます。しかし、外貨預金の場合は両替手数料が割高な
ので、ネットバンクで短期の外貨定期預金を行うことをオススメします。



不況時には金利が下がりますので、長期で保有しても旨みがありません。ですので、
外貨預金であっても為替差益を意識する必要があります。



万一大きく円高が進む時は絶好のチャンスとなりますが、外貨預金で頻繁に売り買い
するのは難しいです。思惑が外れた場合は速やかに撤退する必要があります。







テーマ : ファイナンス
ジャンル : ファイナンス

tag : 外貨定期預金

さらに詳しく調べる


 検索例  
外貨預金 銀行 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


タグ

  • seo
  • seo
ユーザータグ

外貨預金 外貨投資 外国為替取引 米ドル FX 外貨定期預金 オーストラリアドル 金利 為替レート 為替変動リスク 豪ドル 日銀短観 為替手数料 為替予約とは じぶん銀行 外貨投資入門 為替相場 満期 人民元 ユーロ 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。