スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







他の外貨商品と併用して運用する


外貨預金で取り扱っている通貨はここ数年でかなり増えていおり、
米ドル以外にもユーロ、英ポンド、オーストラリアドル、ニュージー
ランドドル、香港ドルなどはどの銀行でも取り扱ってます。



もし、外貨預金で初めて外貨商品へ投資するのであれば、米ドル
が一番分りやすく情報も入手しやすいのでおすすめです。



ちなみに、ここでいう情報とは、為替を大きく揺るがす米国の経済
指標や、経済政策、金融政策、政策金利などです。テレビや新聞
でも簡単に米国の指標は調べることができます。



しかし、それ以外の国や地域に関しては、中々指標となる情報を
入手することが出来ないのでおすすめできません。



また、実際に米ドルで外貨預金を行ないながら金利の変動や為替
の仕組みなどをしっかり理解した上で、外貨MMFやFXなど他の
外貨商品へ投資した方が良いかと思います。



特にFX取引の場合はわけも分らず通貨の動きを追いかけるよう
に売買しても投資金を目減りさせる可能性が高いです。



それだけ為替差益を狙った売買は難しいとされています。そして
外貨MMFに関しては為替変動リスクは外貨預金と同様にありま
すが両替手数料などは外貨預金よりも安いです。



ですので、外貨預金を可能な限り長期で運用し、一方、外貨MMF
で中長期で運用する形で二つの金融商品で運用した方が投資効果
は分散効果を考慮すればかなり高まると思います。



いきなり運用資金の全てを外貨預金や、その他の金融商品に一極
集中する格好で運用するのは危険ですので控えるべきです。







テーマ : 外国為替取引
ジャンル : ファイナンス

さらに詳しく調べる


 検索例  
外貨預金 銀行 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


タグ

  • seo
  • seo
ユーザータグ

外貨預金 外貨投資 外国為替取引 米ドル FX 外貨定期預金 オーストラリアドル 金利 為替レート 為替変動リスク 豪ドル 日銀短観 為替手数料 為替予約とは じぶん銀行 外貨投資入門 為替相場 満期 人民元 ユーロ 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。