スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







高金利通貨で外貨預金する際の注意点


外貨預金をこれから始められるのであれば、まず取引される金融機関
を選ぶ必要があります。そして、当然のことながら金融機関を選ぶ上
で一番のポイントとなるのが金利です。



外貨預金の金利については、金融機関の多くが利息を単利で計算しま
すので、預け入れたお金に対する一定の利息が毎年受けられます。



そして、注意しなければならないのは金利は取引される金融機関だけ
ではなく、通貨によっても異なる点です。



外貨預金を行なう上で金利が高い方が有利であることは間違いありま
せんが、それだけでは駄目なのです。



理由としては、外貨預金の手数料がFXや外貨MMFとは比較になら
ないほど高い点があげられます。例えば、最も取引量が多い米ドルで
あれば往復の手数料は2円程度のところが多いです。



実際に米ドル以外ですと、取引量が極端に低いニュージーランドドル
やオーストラリアドルなどのオセアニア通貨の場合は往復で4円と倍
以上に設定しているところが多いです。



ですので、例えば1万オーストラリアドルで外貨預金を始めた場合は
往復の手数料だけで4万円もかかってしまいます。



この点をしっかりと考慮した上で外貨預金を行なわないと利益を得る
ことができないまま換金する憂目にあいます。



また、オーストラリアのような高金利の特徴として為替の変動が極端
に激しい点がありますので、こうした点も考慮した上で外貨預金を行
なわないと外貨預金を行なう旨みは生まれません。







テーマ : 外国為替取引
ジャンル : ファイナンス

tag : オーストラリアドル

さらに詳しく調べる


 検索例  
外貨預金 銀行 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


タグ

  • seo
  • seo
ユーザータグ

外貨預金 外貨投資 外国為替取引 米ドル FX 外貨定期預金 オーストラリアドル 金利 為替レート 為替変動リスク 豪ドル 日銀短観 為替手数料 為替予約とは じぶん銀行 外貨投資入門 為替相場 満期 人民元 ユーロ 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。