スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







為替動向を把握してから外貨預金する


外貨預金は国内の預貯金とは比較にならないほど高い金利が大きな
魅力とされていますが、金利だけに捉われると手痛い目に合います。



外貨預金も外貨商品の一種ですので、為替の変動による影響をモロ
に受けることになりますので、当然のことながら為替レートの動きを常
に注視する必要があります。



そうすることによって、今後円高に向かうのか、円安に向かうのかと
いったことがある程度予想することができるようになります。



基本的に外貨預金で為替差益を狙う場合は円高が進んでいるときに
買い、円安が進んでいる時に売ります。



例えば、ある外貨の価格が高い位置にあるとします。この外貨の動
きを予測した場合、横ばいか下落する可能性が高く、場合によって
は常に天井圏に差し掛かっている場合もあります。



この状態で、この外貨で外貨預金をはじめると、為替差損が発生し、
1~2年程度の運用では元本割れを起こすかもしれません。



反対に、低い位置にある外貨の場合は、横ばいか上昇に転じる可能
性が高くすでに底値を打った状態にある場合もあります。



もし、この状態でこの外貨で外貨預金を始めれば外貨預金から得ら
れる利子りだけではなく、為替差益も狙えます。



ですので、預貯金のような感覚で外貨預金はただはじめれば良いと
いうわけにはいかないのです。実際に為替の動きをしっかりと把握
した上ではじめられることをおススメします。







テーマ : 外国為替取引
ジャンル : ファイナンス

tag : 預貯金

さらに詳しく調べる


 検索例  
外貨預金 銀行 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


タグ

  • seo
  • seo
ユーザータグ

外貨預金 外貨投資 外国為替取引 米ドル FX 外貨定期預金 オーストラリアドル 金利 為替レート 為替変動リスク 豪ドル 日銀短観 為替手数料 為替予約とは じぶん銀行 外貨投資入門 為替相場 満期 人民元 ユーロ 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。